stacy's blog

ディズニーが好きな人がディズニーについて語るだけのブログ。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジが楽しみな理由

2019年に開業するディズニーパークの新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」、楽しみですよね?楽しみです。

そんなこのエリアが待ちきれない理由、もちろんアトラクションに乗りたい!だったり世界観を楽しみたい!などなど様々あるでしょう。

という事で今回は楽しみな理由を、皆さんに理解されやすいものから理解されにくいものまで一気に紹介していきます!

f:id:stacyperry109b:20151121153253j:plain

まずは判明している情報からおさらい。このエリアには2つのライドが作られる予定で、一つはミレニアム・ファルコンに乗って操縦が出来ちゃうというもの。もう一つはファースト・オーダーとレジスタンスの戦いを体験できるもの。どんなものなのか、想像もつかないね。そしてこれはディズニーパーク最大規模のエリア拡張となり、まさにあなたがスター・ウォーズの世界に入り込む事になるのです!

f:id:stacyperry109b:20151121153714j:plain

ほら、この説明やコンセプトアートだけで楽しみな理由が伝わってくるでしょ?でもそういった情報なら他の記事にだって書いてあるし、もしかしたら今これを読んでるあなたも知っているかもしれない。でもせっかくだから、深いディズニーパークファン兼スター・ウォーズファンの目線で、このエリアの素晴らしさを紹介したいのですよ。

実は今、ディズニーパークの歴史を辿る事にハマっていましてね。それを踏まえてこの新エリアを見ると、知る必要はもちろん無い、でも知った上で見てみると凄く楽しい製作の物語が見えてくるのですよ。

このエリア建設の立役者は何と言っても、この写真の人物。彼の名はボブ・アイガー、今のディズニー社CEOです。彼がCEOになってから10年強、彼のおかげでディズニー社は大きく変わりました。まず2014年のルーカスフィルム買収により、スター・ウォーズという最強コンテンツがディズニーのものになりました。

f:id:stacyperry109b:20180806221755j:plain

そして彼はディズニーパークの方針も変えていきます。90年代から2000年代前半まで、ディズニーパークは大量に数を増やしていきました。しかしそれにより一つ一つの中身が薄くなってしまい、経営の危機を迎えるパークが出て来てしまったのです。まさにディズニーパーク唯一の暗黒期。しかし彼はCEO就任以降、あまり無闇にパークを増やさず、今あるパークの拡張に重点を置く事に決めました。

そしてその拡張の方法として、今までディズニーがやって来なかった全く新しい方法にたどり着きます。それはテーマを一つの映画に絞った巨大なエリアを新しく作る事。今まで新たなテーマランドが追加される事はあっても「クリッターカントリー」や「トゥーンタウン」のように映画の名が冠される事はありませんでした。しかし2012年の「カーズランド」を皮切りに、2016年の「パンドラ:ワールド・オブ・アバター」、そして2019年のギャラクシーズ・エッジと続いていくわけです。

その理由としてあげられるのは、ディズニーの最大のライバルであるユニバーサルが2010年に作り上げた「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の存在。元々ディズニーもハリポタという最強コンテンツのテーマパーク権を狙っていたもののユニバーサルに取られてしまいました。これに対抗するため、わざわざ非ディズニー作品であったアバターのエリアを作るのですが、やはりコンテンツ力としてハリポタには及ばなかったと。でもスター・ウォーズならばハリポタと同程度かそれ以上の知名度を持ち、あの素晴らしいエリアを超えてみせるでしょう!お願いディズニー!

f:id:stacyperry109b:20180807004743j:plain

さらに注目したいのはこのエリアができる場所。カリフォルニアのディズニーランドと、フロリダのディズニー・ハリウッド・スタジオに出来るわけなんですけどね、そもそも同じエリアが同じ年に複数の場所に出来るって事自体が前代未聞なわけ。

アトラクション一つであっても、どこか一か所で作って他に作るなら1、2年ほど間が開くのが普通だったわけ。だって作ってみないとどんな物になるのか分からないからね、同時に複数作ると改善点が見つかった時のリスクが高まるから。それほどこのエリアには自信があるんだろうなって。

それに出来るのがカリフォルニアのディズニーランドという。ウォルトさんは「ディズニーランドは永遠に完成しない」と言っていたけど、やはり長年やっているとファンは全ての場所に愛着を持つようになって変化を嫌うわけ。けどこんな大きなエリアを新しく作るとなると必然的に何かを壊さなきゃいけない。カリフォルニアのも東京のと同じで土地が少ないからね。だから例えウォルトさんが作り上げた風景だろうと、新たなエリアのためにスクラップ&ビルドをやってのけたのですよ。凄いよね、そこまでして作るエリアって楽しみだよね。

f:id:stacyperry109b:20180807004711j:plain

そして同じようにハリウッド・スタジオにとってもこのエリアが持つ意味合いはとても大きく。元々このパークがディズニー・MGM・スタジオとして開業した時、コンセプトは映画の舞台裏を体験するというものだったの。言ってしまえばユニバーサルの二番煎じ。しかしやっぱりそのテーマは、世界観を作り上げるはずのディズニーの強みからは外れるものであり、人々は映画のセットを見るよりも本当に映画の中に入り込むというのを望んでいたわけ。だから最初の大規模拡張で世界観を体験する「タワー・オブ・テラー」というライドが誕生したわけ。

 その中で当初の目玉となるはずだった映画の舞台裏を回るトラムツアーは2016年にクローズ、世界観を体感するというトイ・ストーリー・ランド(2018年開業)とスター・ウォーズにバトンを渡します。トラムツアーのクローズにより当初の映画の舞台裏を見るというコンセプトは終わりを迎え、スター・ウォーズの開業により映画の世界観を感じるという新たなコンセプトがまさに完成を迎え、その意味でこの新エリアはハリスタにとって重要な意味を持つのです。もう「ここ半日で回れるね」とは言わせない!楽しみ!

f:id:stacyperry109b:20180807005909p:plain

さてここまではディズニーパーク好きの目線から語ってきたけど、ここからはスター・ウォーズ好きとしての楽しみポイントを語ろうかと。

どんな映画でも大ヒットすると必ずと言っていいほど付いてくるのがスピンオフ作品。それは小説だったり漫画だったりゲームだったり媒体は様々だけど、映画で見たあのキャラクターの過去や未来が知りたい!というファンの願望にバッチリ答えてくれるのがスピンオフ作品です。

しかしそのスピンオフは日本語で「派生作品」と訳されるように軽視されがち。せっかくキャラの過去を小説で描いたのに、映画の続編ではその設定が完全に無視されてスピンオフの意味が無くなるなんて事もしばしば。パイレーツ・オブ・カリビアンの小説とかひどいからね本当。

でもその中でスター・ウォーズは、どんな媒体であっても全ての作品は同じ世界の中で起こっているという基本的な考えを尊重し、新たな作品は過去に登場したスピンオフ作品に乗っ取って作られています。しかし何十年もそれをやってると流石に様々な矛盾点が出てきて、後付け設定という力技で解決したものもあれば、どうしようも無く諦められている部分まで様々。

そこでディズニーのルーカスフィルム買収後、この事態を一気に解決できる奥の手を取り出します。ズバリ、スピンオフを全てリセット。エピソード1から6の映画とクローン・ウォーズというアニメ以外全ての作品はレジェンズ(伝説)として扱われ、新たに「正史」という枠組みが誕生しました。正史とはその名の通り正しい歴史という意味で、そこでは作品間で矛盾がなるべく起こらないよう、専門の係まで付いて作品の監修が行われています。正史がどうこうに関してはこちらの記事もどうぞ。

そして何を隠そう、このギャラクシーズ・エッジはその正史設定に入ってるのです!そうは言ってもほとんどの人はその凄さが分からないと思うので詳しく説明しますね。

正史の誕生以降、矛盾点が起きないようにするというルールは極めて厳格になりました。そんな中テーマパークのエリアを正史設定に組み込むというのは非常に大きな制限となります。まず、このエリアはファースト・オーダーが台頭してきている時代だと発表されています。なので、この時代には死んでいるはずのダース・ベイダーが登場した瞬間アウト、ルークやレイアも若者の姿だとアウト。つまりスター・ウォーズ世界での時代考証をしなければいけないのです。じゃあ正史にするメリットは何でしょうか。

かつてディズニーパークでは映画が先にあり、それを元にテーマパークに映画の要素をはめ込んでいきました。しかし今が映画と同時進行でテーマパーク開発が行われるようになりました。そう正史という同じ世界観に立ったことにより、テーマパークが映画に寄せるだけでなく、映画もテーマパークに寄せられるようになったのです。

それを最も著実に表しているのが「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」でのとある言及。あの映画の中では沢山の地名が言及されていて、その中に「ブラック・スパイア」というものがありました。この名の町こそ、ゲストが訪れることができる惑星バトゥーの中にある町なのです!

さらに「Thrawn: Alliance」という小説ではその惑星バトゥーが舞台となり、決してテーマパークの宣伝が目的の小説では無いものの、こういった繋がりによって同じ世界観なのだと感じられるよね。まだ開業されていない今でさえこれだけ他作品との繋がりがあるんだから、開業後はどうなるのか本当に想像もつかない。はぁ、楽しみだな。

f:id:stacyperry109b:20180807013945j:plain

さあどうだったでしょうか。長々と語ってきたけど、楽しみに待つ理由なんて人それぞれ。自分がなぜ楽しみにしてるかの理由を少しでも感じ取ってもらえてたら嬉しいです。はぁ、楽しみ!アメリカ行かなきゃ!

ディズニーが誇る女海賊たち

東京ディズニーシーの夏イベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」では沢山の女海賊がいます。でも、海賊というのは基本的に男だらけの世界。それでもそんな中で美しく戦うディズニーの女海賊たちを探してみました。

 

ディズニーの前にまずは史実から。ディズニーの言う海賊とは、基本的に大航海時代にヨーロッパやアメリカ周辺で活躍してた人たちのことを指すので今回もそこに絞ります。「村上海賊の娘」とか言い出すとややこしくなるので除外。

さて実際に女海賊はいたのかどうかと聞かれると、「いない事は無い」みたいな。メアリ・リードとアン・ボニーという2大有名女海賊は史実にもはっきり残っていて、他にもきちんと記録はされていないものの、ある程度の数は女海賊がいたと考えられるそう。

ただもちろんその数は、男の海賊に比べるとはるかに少ないのは間違いなく。海賊の仕事は力仕事が多いから男の方が向いてると考えられたとか、女性を船に乗せると悪いことが起きるといった迷信が信じられていたとか、男と女が同じ船に乗ると恋愛に発展してゴタゴタするとか、色々な理由があったんだろうね。それで結局、女性の海賊の多くは男装をして自身の性を隠しながら海賊業をやっていたそう。(そのせいで一層史実に残りづらかった。)

f:id:stacyperry109b:20180727234102j:plain

さてディズニーの話だ。ウォルトさんは海賊好きだった事もあって複数の海賊が登場する映画を作ってました。その一つが1950年公開の「宝島」。

f:id:stacyperry109b:20180805160029j:plain

そして1953年公開の「ピーター・パン」。

f:id:stacyperry109b:20180805160349j:plain

ただどちらにも女海賊は登場せず。多分。そして1967にはあの有名なアトラクション「カリブの海賊」がディズニーランドで開業。しかしここにも女海賊は登場していませんでした。 

つまりウォルトさん時代に作られた海賊作品に登場する海賊は全て男だと。でも最近に作られた作品なら女海賊も出てくるのでは?

さあ時は流れて2002年、あの作品がついにやって来ます。そう...「トレジャー・プラネット」です!

宝島の物語を何をどう思ったのか宇宙を舞台に作りかえた攻め攻めの作品。そしてこの作品には、キャプテン・アメリアという船乗りが出てくるのだけれど、果たしてこの人を女海賊と呼んでいいのだろうか。普通に良い人だから海賊じゃ無い気がするの。

f:id:stacyperry109b:20180805161349j:plain

その翌年、正真正銘の女海賊が遂にディズニー映画に登場するのです。その名もアナマリア。アトラクションの映画化という攻め攻めな作品こと「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」に登場しました。演じたのは後に「アバター」や「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で一躍有名となるゾーイ・サルダナ。

f:id:stacyperry109b:20180805161722j:plain

パイレーツシリーズの1作目にはアナマリア一人しか女海賊はいなかったものの、2作目のデッドマンズ・チェスト、3作目のワールド・エンドと物語が進むにつれ、元々総督の娘だったエリザベスが何やかんやで海賊になり、無事に女海賊の仲間入り。本当にもうカッコいいです、ありがとうございます。

f:id:stacyperry109b:20180805162646j:plain

そして4作目の生命の泉では、メインキャラとして女海賊のアンジェリカが登場。5作目の最後の海賊には確か居なかった気がするので女海賊はこれだけ。少なっ。

f:id:stacyperry109b:20170720163818j:plain

後2014年にビデオスルー作品として発売された「ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船」という作品にザリーナ(画像中央)という妖精の女海賊が登場。まあ、人間じゃないのに女って呼んで良いのかは分かんないけど。

f:id:stacyperry109b:20180805163520j:plain

そしてディズニージュニアとかで2011年から放送中のアニメ「ジェイクとネバーランドのかいぞくたち」にメインキャラの一人として女の子のイジーという子がいる。その子を女海賊と呼んでいいのか怪しいところだけど、まあ一応ね。

f:id:stacyperry109b:20180805163835j:plain

 さて、映画は公開したらもう変わらないけど(スター・ウォーズを除く)、テーマパークは時代と共に変わっていきます。2017年、カリブの海賊内にある花嫁オークションのシーンが変更される事に決定。かつて売り物であり、海賊から「We wants the Readhead!」と言われていた赤髪の女性が女海賊となって登場する事になったのです。

f:id:stacyperry109b:20180805164315j:plain

この変化は、まさしく時代の変化と共に価値観の変化を表しているはず。最初に振り返ったように、実際の歴史では女海賊というのはいないに等しいほどの存在だったと。だからこそフック船長の手下はみんな男だし、カリブの海賊もあれだけ海賊がいるのに男の海賊しかいない。

けど最近はその考えも変わり、史実と多少異なっても現代人の私たちが見て違和感の無い世界を作る、という風に動いて来たんだと思います。それは決して「男女平等」や「ポリティカル・コレクトネス」といった言葉だけで表されるものではなく、もっと深いもの。

しかもその変化は極めて最近に始まり、どんどん広まって来ています。パイレーツ1作目には脇役キャラでしかいなかった女海賊が、シリーズが続くごとに女性キャラの存在感が増していって。そしてはじめに言ったようにディズニーシーの「ディズニー・パイレーツ・サマー」では沢山の女海賊がいるわけで。

例えば海賊グリーティングのキャラだけを見てもジュジュビエーヌ、ローズ、シャシャ、ロレッタ、マンマがいて、パイレーツバンドやゲット・ウェットでのダンサーさんを含めるともっともっといるわけで。本当、素敵な世界になって来たよね。

f:id:stacyperry109b:20180805165228j:plain

ファンタズミック!製作の物語

ディズニーパークの醍醐味は決してアトラクションだけではありません。一日の楽しみを締めくくるものこそが夜に行われるショーたちです。そこで今回は今なお続く大人気のショー、ファンタズミック!の製作の歴史紹介です。

ディズニーのショーと言われて多くの人々が思いつくものといえば、やはりパレードや花火などをあげるでしょう。それは今も昔も変わらずだったのだけれど、1992年に新たなショー、ファンタズミック!が誕生します。1992年、1992年ねぇ...。

f:id:stacyperry109b:20180708171109j:plain

1992年4月、ユーロディズニーランド(現・ディズニーランド・パリ)が開業します。そしてディズニー社はこのパリのパーク建設で大忙し。カリフォルニアのパークは置き去りになってしまい、この1992年には新アトラクションなどの何の新要素も準備できていなかったのです。そこでパレードや花火とは全く違う新たなショーを計画しました。そして嬉しい事にこの計画が進んでいたのはパリ開業以前。つまりパリの反動で経費削減される前だったので、思う存分予算をつぎ込めました。(詳しくはインディの記事を見てね)

この新たなショー、1番の挑戦は、このショーを公演する場所をアメリカ河にした事。というのも、夜になると皆がパレードや花火を見るために城の前に集まって毎晩のように渋滞を起こしていたから。人々が分散していたらかろうじて耐えられる人口密度も、ショーのために集まってしまったらもうたまりません。何とかして、アトラクションが少ないため閑散としていたエリアに人を呼ぶ事で快適に最後までいられるようにしなければならなかったのです。

人を呼ぶためにはやはり派手にやらなくては!そう思ったのか、まず手始めにステージとなるトムソーヤ島と河をゴリゴリに改装し始めます。演出も派手に、花火や噴水、レーザーだったりとか当時まだ珍しかったウォータースクリーン、そして何と言っても火を噴くドラゴン!ディズニーが考えうる限りの特殊効果を全て詰め込みました。(こんなのパリ以降じゃ絶対出来なかったって...。)

f:id:stacyperry109b:20180710183907j:plain

そして1992年5月13日、ついに公演開始!人々の想像を遥かに超えた世界観に、多くの人々が夢中となり、人を分散させようと始まったこのショーに人が押し寄せたため鑑賞スペースを広げなくてはならなかったレベル。

このショー、当初は「イマジネーション」という題名だったらしいけれども、やはり唯一無二の名であり覚えやすいものの方がいいとして、ファンタジーとミッキーの愛称ミックを掛け合わせた「ファンタズミック!」となったのです。

そしてオープニングセレモニーのマレフィセントと、当時のディズニー社CEOマイケル・アイズナーという図があまりにもシュール。見てよこの顔。

f:id:stacyperry109b:20180710184107j:plain

このショーは当初5年だけの公演の予定でしたが、あまりの出来の良さ、そしてあまりの人気に継続が決定。現在も続くロングランとなりました。

そしてその人気は開始から数年後には確かなものになりました。フロリダで、このショーだけのための超巨大ステージが作られたのです。席数は驚異の6900、さらに3000人が入る立ち見エリアに囲まれるのは、15メートルの山に、船が通れるだけの巨大な湖。もちろんこれはディズニーパーク史上最大のシアターであり、それがこのショーだけのために作られたと。もし数年で人気が無くなってしまったら大赤字となる大きな決断ですが、結局今も毎日満員となるので予想は大的中!よかったね。

そんなショーの人気はもちろん世界中に伝わっていきます、東京にも。オリエンタルランドさんもこのショーを同じくアメリカ河で公演したかったものの、鑑賞スペースが一切なかったのでこれを断念。そこで、ショーのコンセプトである善と悪の戦いというものを取り扱ったパレードを作ります。それが、「ディズニー・ファンティリュージョン」終わってからかなり時間経つのに一部のファンからまだまだ強い支持があるらしいからよほど人気だったんだろうね。

そして2001年、東京ディズニーシーが開業。これによってショーが出来るだけの広い海が手に入ったわけだけど、ファンタズミック!が始まったのは開業10周年を迎えた2011年から。最初はオリジナルの「ディズニーシー・シンフォニー」でした。やっぱりアトラクションをほぼオリジナルで揃えただけあって、目玉となる夜のショーもオリジナルにしたかったんだろうね。しかもその内容はファンタジアの魔法使いの弟子を元にしたもの。明らかに意識してるし、実際にオリエンタルランドのインタビューでファンタズミック!を超えるものを作るって言っていたそう。その次は「ブラヴィッシーモ!」という名のショーで、冒頭に一瞬ミッキーが登場するだけで後はディズニーの曲もキャラも一切出ない、水の精と火の精の物語。

そして2011年、ついに、ついに!

f:id:stacyperry109b:20180710221231j:plain

カリフォルニアでの初公演から20年、フロリダからも15年経っての東京到来。もちろんそのまま東京に持ってきたわけではありません。今までは河の中央に大きな島があったからそこをステージにできたけど、東京ではそれが無い。そこで上下に伸び縮みするスクリーンを持った巨大な帽子型の船を中心に浮かべ、船を丸々ステージにしてしまったと。しかもそこに花火も噴水も付けて、あの船一台の開発だけでどれだけの手間と労力と予算がかかってるのか想像もつかない。そして全方位に観客がいるのでウォータースクリーンに加えて、球体のスクリーンを4つも使い、そして巨大な滝に映し出される魔法の鏡。これらは全て、東京にステージが無いことを逆手に取った素晴らしいやり方だと思う。しかもこのハーバーの強みの一つが、大きくそびえ立つプロメテウス火山。ドラゴンの登場に合わせて大きく噴火するので、臨場感がはるかに高まります。だってトムソーヤ島は噴火しないもの。

ところで、シーの開園である2001年なんかはまだネットが普及途中だったから当時の様子はあまり見つけられないのだけど、2011年ともなるとシーでファンタズミック!をやるよっていうニュースを聞いた人々のブログが沢山見つかるのですよ。それで当時海外パークでショーを見た人が色々書いてるんだけどその内容は大きく分けて半々で、新しいショーに期待してる人と、まだ見てもいないのにあのショーは東京では出来っこないってバカにしてる人。探すとポジティブなものもどんどん出てくる代わりにネガティブなのも見えちゃうんですよ。

それでね、そのネガティブなのはもちろんまだショーが始まってないから勝手にこんな風になるだろうって予想して、だからダメだって決めつけてるんですよ。そんな文章はショーが始まってからも消さない限り残り続けるんですよ、予想が完全に外れたと判明した後も。なので、期待を胸に予想するのはすごく良いことだけど、勝手に予想してそれを基にバカにする、しかもそれをブログに書いて半永久的に残すのは良くないなぁと、この記事を書くために調べ物をしてて思った。

f:id:stacyperry109b:20180710222254p:plain

ごめん話がそれたね。じゃあ最後にショーの中身についてちょっとだけ。

ディズニーで、映画でもパークでもなんでも、「夢」って言葉よく聞くじゃないですか。でも夢って2種類の意味があるんですよ。ウィキによると、

1. 睡眠中あたかも現実の経験であるかのように感じる、一連の観念や心像のこと。睡眠中にもつ幻覚のこと。
2. 将来実現させたいと思っていること。願望。願い。 

と。もともと夢って言葉は1の意味が元にあって、明治以降「Dream」の訳として2の意味もついて来たっていう説が有力らしいんだけど。

それでディズニーパークの言う「夢」はどっちの意味なんだろうって考えたことがあってね。例えば「夢と魔法の王国」っていう言葉の中だと、魔法と同列になってるんだから2の願望よりは1の寝てる時に見るやつの方が近いかなぁと。でも「夢が叶う場所」って言われると、これは2の願望の意味な気がする。だって寝てる時の夢は別に叶うものでは無いからね。

じゃあファンタズミック!ではどうだろう。このショーの中でも「夢」という言葉が何度か出てくる。例えば、ジャングルのシーンの直前、ミッキーのセリフで「おぉい、まだ夢の中なのかい?」というのがある。これは明らかに1の寝てる時の夢。だってこのショーの一連の流れはミッキーの夢の中の世界なんだから。

でもね、マレフィセントとの対決シーン、絶体絶命の状況の中ミッキーは怯えたように、けれども力強くこう言います。

「き、君がどんなに強くても、これは僕の夢なんだ!」

この夢はどちらの意味だろうと考えた時に、これはどっちの意味でも取れると思うんですよ。

もちろんここはミッキーの夢の世界なんだから、これは僕の夢なんだ、と。最初はそう考えるのが自然に思えるけど、ミッキーには何か願いがあってそれを今まさに邪魔されそうになってる。だからこそ、その悪の力を跳ね除けなければいけない、だってこれは僕の夢なんだ、と。

これには正解はないと思ってます。もちろんそのミッキーの願いというのはショーの中で語られていないから分からないけど、こう考えても何ら不自然では無いよね。深読みしすぎかな、と少し思うけれどこれは「夢」という言葉のダブルミーニングを使った、最高の言葉だと思うのですよ。

だって締めくくりの言葉は「イマジネーション!ハハッ!」イマジネーション、想像というのは"夢のような世界"の事だけじゃなく、将来の夢の事も含まれるのだから。でもこればっかりは、ミッキーに直接聞いてみないとわかりませんね。